1. ホーム
  2. 閉経と肌の衰え

閉経と肌の衰え

婦人

焦りは禁物です

女性の肌年齢は、卵巣年齢とも言われます。美肌を保つ秘密は、女性ホルモンのエストロゲンという卵胞ホルモンと、プロゲステロンという黄体ホルモンですが、このうちエストロゲンには肌の潤いを保ち、ハリや弾力をキープしてくれるという働きがあるのです。しかし閉経を迎える頃の50代には、このホルモンは急速に減ってしまいます。そのため肌の衰えや、シミ肝斑などが気になってきます。美白化粧品や美白美容液は、大半はシミの予防としてシミになる前から、使い続けることが本当は大切なのです。それでも出来てしまったシミや、美白をしたい時には美白化粧水よりも、成分が高濃度で配合されている美白美容液が効果的です。ただし、一旦出来てしまったシミを完全に消すことは、不可能です。美白美容液には、レチノールなどの含まれたものや、美白に重点を置くのなら、アルブチンや、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体の配合されている美容液を選ぶと良いでしょう。ハイドロキノンには、肌を漂白させる効果があるのですが、刺激も少し強いので、過剰に使いすぎないようにしましょう。また、ピーリングをしてメラニン色素を排出させるのも、効果的ですが、このピーリング後も、肌はとても過敏になっているので、肌の角質層にしみこませるように、コラーゲンやセラミドなどの含まれている化粧品で、きちんと保湿をしながら、肌のターンオーバーを正常に戻すように、ケアをしてあげましょう。

Copyright© 2017 美白の美容液を使えばあっという間に美肌になれる All Rights Reserved.